プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
あけましておめでとうございます
 今年もよろしくお願いします。

 元旦から打ち合わせで、なんというか、疲れました。楽しいけどね。
 微熱状態だった25日くらいから休みなしにいろいろ動いているので、正直、年明けの感慨がありません。
 やっぱり、楽しいけどね。

 申し訳ありませんが、鬼辞典の訂正をここで。
 「ケルト神話のアーサー王」→「ケルトのアーサー王」
 どの段階で「神話」の言葉が入ったんだろ? アーサー王の元となったアルトリウスの時代は6世紀ほどで、この時期も神話というより人世なので、「神話」と言い切ってしまうと誤解が多々生じてしまいますね。
 あるいは「キリスト教伝説のアーサー王」と書いてしまった方が正確だったかもしれません。しまったなー。
スポンサーサイト
[2010/01/01 23:24] | 魔術 |
『にっぽん・心の仏像100選』
 『にっぽん・心の仏像100選』見直しています。クリスマスイヴにやっておりました。NHKかっこいい!
 十一面観音って、結構いろんな人が作ってるんですね。なに考えて顔が十一個ある観音像作ったんでしょうね。

 中沢新一さんが番組の中で、河川の化身である多頭龍と観音信仰が結合したのだ、といった説明をしていました。一方で、いとうせいこうさんは、「10+1なのだ(メインの顔に加え、十方を見る顔がついている)」という解釈を話しておられました。
 ヤマタノオロチの八つ首は「末広がり」から来ているわけですが、十一面も似たような意味合いなのかもしれません。
 もちろん、クロウリー大好きビトの私としては、11はセフィロトの10+クリフォトを示す不吉な数なんですけどね! クロウリー的にダアトは数えないのでしょうか?

 話がそれたついでの話。
 「顔がいっぱい」つながりで、阿修羅像について(wikipediaで……)調べていたのですが、アスラとは元々イラン・インドの天空神ヴァルナの眷属だったそうですね。
 ヴァルナがアスラとデーヴァに分裂したと考えると、ペルシアからインドにかけての、民族のダイナミズムが浮かび上がってくるようです。
 仏教においては「水天」なのだそうですが、水天宮の祭神はアメノミナカヌシであり、最高神という点で共通している、とのこと。
 ここらへん、ちゃんと調べてみないとな。

 廃仏毀釈で仏像を隠したエピソードが熱いです。
[2007/12/27 23:52] | 魔術 |
イザナミ失踪事件
 図書館で以下の5冊を借りてきました。

三浦佑之『口語訳 古事記[完全版]』(文藝春秋 2002)
宇治谷孟『全現代語訳 日本書紀』上下(講談社学術文庫 1988)
板坂壽一『やさしく読み解く はじめての古事記』(日本文芸社 1995)
神野志隆光・大庭みな子『新潮古典文学アルバム1 古事記・日本書紀』(新潮社 1991)

 さっそく『口語訳 古事記』を手にとってみると、冒頭からはっちゃけてますよ!

「なにもなかったのじゃ……、言葉で言いあらわせるものは、なにも。あったのは、そうさな、うずまきみたいなものだったかいのう。
 この老いぼれはなにも聞いてはおらぬし、見てもおらぬでのう。知っておるのは、天(あめ)と地(つち)が出来てからのことじゃ……」(16頁)

 なんですか、このキャラづけ(笑) あわててまえがきを見ると、こうありました。

「わたしは、この本にひとりの古老を登場させ、古老の語りによって『ふること(古事)』を再現しました。……」(9頁)

 オリキャラ勝手に登場させるなよ! シャルロットかウィルナかって感じですね、いやはや。……あ、SRW-REもウィルナデロイアリポートも好きですよ(笑)。
続きを読む
[2006/07/16 21:38] | 魔術 |
マルドゥク
 木星の神。知恵の神エアの息子であり、ティアマトの孫に当たる。ティアマトはマルドゥクを滅ぼそうと軍勢を送り込んだが、逆に倒されてしまう。
 マルドゥクはティアマトの体を裂き、世界を作った。『ベール(王)』の美称を与えられる。
 配偶神はザルパニトゥ(サルパニト、サルパニトゥム?)、金星の女神。『ベールティア(女王)』の美称を与えられる。

 以上、ネット資料でした。
続きを読む
[2006/07/16 15:27] | 魔術 |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。