プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ビンスのケツにキスする会
第3次スパロボ診断テストα

「桐原ナツキ」(レベル6)
▼格闘 139 射撃 156 命中 175 回避 162 防御 103 技量 164
▼特殊技能
野生化/サイズ差補正無視/-/---/---/切り払い/---
▼精神コマンド 自爆/加速/ひらめき/応援/補給/愛
▼搭乗機 ランドライガーN

”バラのスナイパー”というあだ名をもつB級操者。
常に冷静で、平和を愛する心の持ち主。
ひかえめで勢いがつくと止まらないタイプ。
弱点は視野が狭くなりやすく、何事も不器用なこと。
感情論に訴えやすいため、馬鹿にされてしまうことも。
”個性”を生かそうとすると、いい結果を生むことが多い。
仲間との信頼は低め。
状況に応じて柔軟な行動を取り、目標はそこそこ達成できる。
特記すべき技量はなく平均的で、非常に脆く繊細な面がある。

 よえええええ!

 昨日、昔の日本のプロレスの試合を見ました。猪木vsホーガンとか。
 リングサイドからリングに上がろうとする猪木をホーガンがアックスボンバーで迎撃、リング上でアピールしてるんですが、猪木がなかなか起き上がってこない。
 とうとう試合中止になり、ホーガンの勝利となるのですが、猪木が気絶したままなので、ホーガンめっちゃ目が泳いでいます。せわしなくリング上をうろうろ歩くホーガン。

 その他にもいろいろ試合やってましたけど、昔の日本のプロレスっておもしろいんだな、と初めて知りました。
 猪木、確かにありゃカリスマですね。目の力が違う。
スポンサーサイト
[2007/09/21 00:05] | WWE |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。