プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
Conflict of Interest
 結構な時間プレイしてる気がします。イベントが濃密で飽きません。やっぱり洋ゲーはすごい! 作り込み度合いが違いますよ。

 RAWへ移行したJBL(=プレイヤ)は、チャンピオンとして防衛を続ける。
 マクマホン会長の休養中、臨時GMとなったのは、なんとHHHであった。
 彼は、チャンピオンに挑戦するNo.1コンテンダーを探していた。
 勝利を続けるエッジは、自分こそがコンテンダーにふさわしいと主張するが、HHHはまったく無視し続ける。
 そしてある週、やっと、コンテンダーを発表した。
「コンテンダーにふさわしいスーパースターは、三つの名前しか有り得ないと判断した。H、H……Hだ」
 暴君としての本性を顕わにしたHHHは、自分にこそ挑戦権があるのだと言っているのだった。
 バックラッシュで、JBLはベルトを賭け、HHHと激突する。

 HHH、めちゃくちゃ強いです! 油断するとゲージをMAXにされ、ペディグリーを受け、あっという間にフォールを取られます。
 ここで敗北するとこのシナリオが終了してしまうので要注意です(バッドエンドデモが短いですがあります)。

 JBLに倒されたHHHは、再戦を要求するも、帰還したマクマホン会長によってGMの座を降ろされる。今度こそチャンピオンとの戦いを要求するエッジ。
 ケインやカート・アングルとの抗争を経て、とうとうHHH、エッジ、JBLの三人で三つどもえ戦を行う。勝者は、ヴェンジェンスでの対戦方法を選択できるのだ。
 勝利したJBLは、金網戦を選択した(やったことがなかったからだが)。HHHをJBLパワーボムで下すと、金網を登り切り、ベルトを死守したのであった。
スポンサーサイト
[2007/09/26 22:39] | WWE(Game) |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。