プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
RAW(アンフォーギヴェン第二週)
ICタイトルマッチ:ウマガvsジェフ・ハーディ
 ウマガがトップロープに登ったところを、機転を利かせたジェフが引きずり下ろしピンフォール!
 ジェフはひさしぶりの快挙ですね。入場テーマが好きです。一緒に踊りたくなります。

デモ:マクマホン騒動
 女(誰かわからん)が、リーガルGMに、会長と寝たことをほのめかします。その後、ステファニーと会長夫人が登場、女は会長夫人から平手を食らいました。当然ですね。

デモ:会長とカリート
 最強の弁護団を雇った会長。
 会長を訪ねるカリートに、HHH戦でウマガと組ませてくれると告げます。

マリアvsベス・フェニックス
 やっぱりシフ役はベス・フェニックスで。マリアをスープレックスで沈めたあとも、女子王者キャンディスに見せつけるように、もう一度スープレックスを決めます。マリアを気遣うキャンディス。

デモ:ランディ・オートンの弁解
 アンフォーギヴェンでのカードが実現! オートンはあくまで悪役です。
 今夜のカードを発表しようとしたところで、ジョン・シナ登場。怒りに身を任せ、シナがリーガルGMにSTF-Uを決める! うおお、熱い……! リーガルを攻撃したのはなぜか? ナレーターは「リーガルGMがオートンに休みを与えたから」と言っていましたが、私には、父親までも見世物にしたリーガルへの怒りのように思えました。

ハース&ベンジャミンvsロンドンvsケンドリック
 ケンドリックは身軽だなあ。気持ちいいですね。ケンドリックがピンフォールを決め、タッグ王座挑戦権を獲得しました。
 勝者であるロンドン&ケンドリック組を、解説席のゲストである王者組のケイド&マードックが祝福します。ただ祝福しようとしている王者組をめちゃくちゃ警戒するロンドン&ケンドリックがおもしろいですね。

デモ:リーガル負傷
 治療を受けるリーガルの横をシェイン・マクマホンが通り過ぎていきます。

デモ:カリートとウマガ
 カリートは、「控室でHHHがおまえのことを笑っていた」とウマガに教えます。もちろん作り話です。これと同じこと、中学時代にやられたな……あれはまいった。
 ウマガ怒ってます!

デモ:会長と弁護団
 会長が秘書に、GMを務めろと言います。
 打ち合わせ。財産はどうなるのか? 防衛戦略を採ろうと言った弁護士が早速クビに。「私は常に激しく攻めるのだ」

デバリ&ジリアンvsコーディ&ミッキー
 親不知を抜いたばかりのジリアン。血まみれのガーゼを奥歯から取り出すと、デバリとふたりで歌い出します。
 デバリがコーディにヘッドロックを決めると、場内からUSAコール。
 コーディは連戦連勝ですが、キャラが薄いなあ……。

HHHvsカリート&ウマガ
 HHH登場で会場大沸騰!
 HHHがカリートを場外に放り投げ、ウマガを挑発。ウマガがリングに入り、カリートとふたりでザ・ゲームをボコボコにします。ここでHHHは反則勝ち。反則勝ちを誘発したのだろうか?
 試合は終わっても、カリートは収まりません。椅子を持ち出しますが、巧妙なHHHは回避し、逆に椅子でカリートとウマガをボコボコに。
 椅子が変形するまで殴っても倒れないウマガ。HHHはさらに椅子で殴ろうとしますが、途中で思い留まります。
 椅子ではなく、リング下からスレッジハンマーを取り出し、それで額と後頭部を殴ったのです!

デモ:マクマホン降臨
 とうとうリングに会長が弁護団を伴い現れました。
「家族の目当ては愛ではなくカネだ。貴様らと同じく施しを欲しがっている」
 夫人登場。会長はロープも上げてあげません。
「あなたのおカネなんて必要ないわ。それに、裁判所に訴えれば、あなたの全財産を奪うことができるのよ」
「ま、待て。話し合おう。おまえの愛は信じている。だが、息子と娘はカネ目当てで……」
 そこでステファニー登場。
「待て、話し合おう。おまえの子供の頃からのビデオを見てみようじゃないか。タイトルは“父の愛”だ」
 しかし、流れるビデオは、マクマホン会長が娘をリング上でボコボコにするシーンが編集されていたものだった。
「ま、待て、話し合おう。誰かがビデオに細工を……」
 大スクリーンにはHHHが映ります。ものすごくすっとぼけた顔です。ステフに気づき挨拶します(ふたりは夫婦だった……のかな?)。
「パパは病気なのよ」と告げるステフ。
 さらにシェイン登場。改心しろと要求します。
 困りに困った会長は、悔い改めることを誓おうとしますが、そこでMr.ケネディが登場、自分が会長の息子であると主張します。
「ミスタァー! ケネディィィー! ……マクマホーン!」
 二転三転する事態を収拾したのは、『非嫡出子の母の代理人』を名乗る男です。
 次週、非嫡出子が誰か明かすと発表、ヒントは「すべては上に」だそうです。
スポンサーサイト
[2007/09/29 15:54] | WWE |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。