プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
RAW:アルマゲドン第2週
HHH&ジェフ・ハーディvsウマガ&スニツキー
 相手にペディグリーを決めようとしますが、相棒に妨害され、なかなか決められません。ペディグリーは、相手を固めるので、相手は抜け出しにくいと思うのですが、準備動作が大きいため邪魔されやすいのかもしれません。シングル戦向きですね。
 試合後、リーガルが登場、HHHとジェフにアルマゲドンで戦うよう指示します。

デモ:リック・フレアー登場
 長々と前口上を述べたあと、「私は絶対に引退しない!」と宣言。
 その後、マクマホン会長が登場、「貴様が現役を続けるには勝ち続けなければならない」と宣告。
 さらに、かつての弟子ランディ・オートンが登場、「いままでありがとう。名誉なことだ。今夜、あんたのキャリアを終わらせることができるとは」と告げました。

ハードコア・ホーリー&コーディ・ローデス&ハクソー&スペル・クレイジー
 vsケイド&マードック&ハイランダーズ

 アラバマスラムで前者が勝ちました。確か。

トッドインタビュー:ジェフとHHH
 HHHは、俺がいままで勝てたのは俺が強いからであって、相棒がいたからじゃない、ときっぱり言います。さすがHHH!

デモ:フレアーとホースメン
 元ホースメンのアーン・アンダーソンとバリー・ウィンダムとで相談をしています。

デモ:クリス・ジェリコ
 オートンに挑戦する、とリング上でオートンを挑発するジェリコ。いくら挑発してもオートンが出てこないので、もっとわかりやすい言葉で言い直す、と言います。
「ミー・ウォント・タイトル・マッチ」
 もはや英語ですらありません。ジェリコ語。これでも出てこないので、絵つきで解説してくれます。

ミー:ジェリコの顔
ウォント:クッキーを食べるクッキーモンスター
タイトル:チャンピオンベルト
マッチ:マッチの絵

 マレラ登場。ジェリコをKYJと呼ぶマレラに対し、ジェリコはサンティード、とかなんとか、いろいろ間違えてやります。
 マレラは、昔と違う、王者と戦うには順序というものが必要なのだ、と告げました。
 ジェリコはマレラと戦いたいと言います。マレラはキングを襲い、これでもやるのか、と尋ねました。

クリス・ジェリコvsサンティーノ・マレラ
 ジェリコの動きはさすがに鈍いなー。でも勝ちました。
 試合後、リング上にJRを招き、マレラを攻撃させました。

デモ:控室のフレアー
 HBKが訪ねに来ます。
 オートンがいま好調であることを伝えますが、あんたはネイチで、ここは地元シャーロットだ、勝てる、と告げます。

ケンドリックvsミスター・ケネディ
 ケネディがあっけなく勝てました。
 そして、HBKへの宣戦布告です!

デモ:ホーンスワグルと会長
 会長は、おまえが幸運な奴だ、と言います。さらに、先週のカリ登場もサプライズだ、と。
 今度はフィンレーにうれしいサプライズをあげよう、カリとアルマゲドンで戦わせるのだ。奴は戦いを好む、奴にとっては最高のプレゼントなのだ。
 さあ、アイスクリームを食って祝おうではないか! アイスを取ってきてくれ。
 ホーニーが部屋を出ると、会長は無線で連絡します。うちのチビが部屋を出た──。

「アイスクリーム本日無料!」
 と書かれた部屋に入ると、中は控室でした。カリートが待ち構えています!
「愛の鞭を与えてやる」
 ホーニーはポケットから黒のスプレー缶を取り出し、壁に黒い出口を描きます。
 そして、ホーニーは出口の中に消えていきました。
 ……あれ?
 カリートが追おうとすると、壁にぶつかってしまいます。
 もんどりうつカリートの下に、ロン・シモンズが現れて、言いました。
「Damn!」

第一挑戦権:メリーナvsミッキー
 リング外にベスが座って見ています。こえー!
 ミッキーがメリーナをハリケーン・ラナで下しました。リップ・ロックはー?

デモ:ネイチャーボーイの歓待
 廊下で、仲間たちがリック・フレアーを出迎えます。
 HHHがフレアーを抱き、「暴れてこい」とささやきました。

ランディ・オートンvsリック・フレアー
 熱戦です! オートンが熱くなっています。
 フレアーは年のせいか動きが鈍く、オートンの優勢は否定できません。フレアーが四の字で膝を痛めつけますが、オートンがノーモーションでRKO! フレアーはなんとかロープに逃れます。
 オートンが2発目のRKOを喰らわせようとした時、ジェリコが登場、乱入する素振りを見せます。気を取られたオートンをフレアーがロー・ブローからピンフォール! さすが業界一卑怯な男!
 よろよろになりながらも退場するフレアーと、股間を押さえうずくまるオートンを睨みつけるジェリコでした。





HEAT
 ×ロンドンvsハース○、○カリートvsクリスティーン・ヨーク(地元選手?)×、×マリアvsジリアン○。
 マリアはプロレスを覚えた方がいいですね。
スポンサーサイト
[2007/12/25 09:08] | WWE |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。