プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『にっぽん・心の仏像100選』
 『にっぽん・心の仏像100選』見直しています。クリスマスイヴにやっておりました。NHKかっこいい!
 十一面観音って、結構いろんな人が作ってるんですね。なに考えて顔が十一個ある観音像作ったんでしょうね。

 中沢新一さんが番組の中で、河川の化身である多頭龍と観音信仰が結合したのだ、といった説明をしていました。一方で、いとうせいこうさんは、「10+1なのだ(メインの顔に加え、十方を見る顔がついている)」という解釈を話しておられました。
 ヤマタノオロチの八つ首は「末広がり」から来ているわけですが、十一面も似たような意味合いなのかもしれません。
 もちろん、クロウリー大好きビトの私としては、11はセフィロトの10+クリフォトを示す不吉な数なんですけどね! クロウリー的にダアトは数えないのでしょうか?

 話がそれたついでの話。
 「顔がいっぱい」つながりで、阿修羅像について(wikipediaで……)調べていたのですが、アスラとは元々イラン・インドの天空神ヴァルナの眷属だったそうですね。
 ヴァルナがアスラとデーヴァに分裂したと考えると、ペルシアからインドにかけての、民族のダイナミズムが浮かび上がってくるようです。
 仏教においては「水天」なのだそうですが、水天宮の祭神はアメノミナカヌシであり、最高神という点で共通している、とのこと。
 ここらへん、ちゃんと調べてみないとな。

 廃仏毀釈で仏像を隠したエピソードが熱いです。
スポンサーサイト
[2007/12/27 23:52] | 魔術 |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。