プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
RAW:ロイヤルランブル第6週
ショーン・マイケルズvsミスター・ケネディ
 スイート・チン・ミュージックを逃げられるも、最後に準備動作ナシのを決めましたね。

デモ:オートンと会長(控室)
 会長はオートンに、リングでジェフと握手を交わせ、と要求します。
 オートンはいやがりますが、「私はいやな相手と何度も握手してきた。そのために除菌ティッシュをいつも持ち歩いている。うわべだけでも握手しろ」と忠告。そうしなければ、ジェフが襲ってくるだろう、と。

ベス・フェニックスvsミッキー・ジェームス

トッドインタビュー:HHH

デモ:ケンドリックとコーディ(廊下)
 コーディのランブル出場を祝うケンドリック。
 そこにホーリーが登場し、ランブルではコーディすらも敵だ、と告げ、去っていきます。
 「ニコリともしないな」とコメントするケンドリックに対し、「あれでも機嫌がいい方だ」とコーディが教えました。

フィンレー&ホーンスワグルvsハイランダーズ
 フィンレーの援護を受けたホーニーがちょこまか動きまわり、最後にタッドポール・スプラッシュ!

デモ:ジェリコのJBLへの挑発(リング)
 「JBLは俺を臆病者と呼んだが、俺にとって臆病者とは、他人の子供を脅したりするような奴」であり、子供の前で父親としての権威を傷つけられたこと、会場中を引きずり回されたことから、JBLを絶対に許さない、と告げます。

デモ:ジェフと会長(控室)
 会長は、今度はジェフに、握手をするよう要求します。
 ジェフは、心配しなくていい、俺はみんなの前で決意を表明する、とだけ言うと、手でピストル?のサインを作りました。

ブライアン・ケンドリックvs?
 相棒のロンドンは療養中。
 リーガルがディスプレイに登場し、君でも運と忍耐があればロイヤルランブルに出場できる、と告げます。
 相手はこの男だ……サモアのドラムに乗って、ウマガが登場!
 飛びかかったところを捕らえられ、サモアンドロップで轟沈!

デモ:ミッキーの悩み(控室)
 ベスに敗北し、泣くミッキーを、マリアがなぐさめます。
 ミッキーが去ってから、アシュリーがマリアに、プレイボーイ誌のパーティがある、と誘いますが、マレラが現れアシュリーを止めました。
「ただの牛乳があるのに、なぜ牛を飼う?」
 くすくすと笑うアシュリーと、意味がわからないマリア。

カリートw/マレラw/マリアvsハードコア・ホーリーw/コーディ
 サンティーノ・マレラが気を引いたところをバックスタバー!

HHHvs?
 ロイヤルランブル出場を賭けて、ガントレット戦を行え、と言います。トップロープ越しに3人の相手をリング外に落とせば勝利です。

 最初の相手はスニツキー。HHHを落とそうと仕掛けたブートをかわされ、トップロープをまたがり、急所を打ちつけてしまいます。そこをクローズラインで落とされました。
 ふたりめの相手はマーク・ヘンリー。HHHを痛めつけますが、とどめを刺そうと突進したところでかわされ、勢いあまってリング外へ。
 三人目を止めている素振りをしながら、突如上着を脱ぎ捨てリングに上がるリーガル。抱え上げ、落とそうとしますが、HHHはこらえ、逆にリーガルを倒しました。

デモ:オートンとジェフの握手会(リング)
 握手の前に、一言あるか、と会長はオートンとジェフにマイクをまわします。

 オートンは、ランブル戦の相手がおまえで安心した、実力はWWE王者に及ばないからだ、と言います。
「しかし、甘く見すぎていた、とも言います。9m上から飛んでくるおまえの姿がまぶたにちらつく。おまえは、WWE王座を手に入れることはないが、貴重なものを手に入れた。──俺の敬意をな」

「せっかくだが、おまえの敬意などいらない。俺が飛んだのは、おまえの敬意を得るためじゃない。おまえを潰すためだ。兄マットのためだ。努力を示すためだ。そして、WWE王座のためならなんでもすることをおまえに示すためだ!
 握手が欲しいなら、最後尾に並べ。俺が握手する相手はもっといる。JRや、ジェリー・ローラーや、リリアン・ガルシアや──」
 ジェフは客席に向かい、客ひとりひとりの名前を聞きながら、握手を交わします。無名の観客たちこそ、自分が尊敬を得たい相手なのだ、と。

 リングに戻ってきたジェフは、オートンと睨み合います。
 オートンは、あくまで右手を差し伸べますが、ジェフはオートンにツイスト・オブ・フェイトを決めました!





HEAT
○トレバー・マードックvsDHスミス×

 フィニッシャー「エース・オブ・スペード」初お披露目のようです。

○ハクソーvs地元選手(コスティアル)×
 コスティアルはR.E.M.のヴォーカルに似てるそうですよ。顔知らね。

○チャーリー・ハースvsスペル・クレイジー×
スポンサーサイト
[2008/03/01 21:59] | WWE |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。