プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
RAW:ノー・ウェイ・アウト第1週
ロイヤルランブル回想
 ロイヤルランブル30人目は、なんとジョン・シナ!
 リングに残っていたスターたちを次々と薙ぎ倒し、見事勝利しました!
 ……復帰してたなら日本来てくれよ!

デモ:シナ復帰(リング)
 シナを迎えるのは、黄色い歓声と男たちのブーイング。「ブーイングすらいまはうれしい」と笑顔です。
 さらに、今夜、オートンと王座戦をやる、と言います。
 そこにオートンが登場、王座戦はレッスルマニアで行いたい、と申し出ます。
 シナは、「祭典まで8週間ある。俺が回復するまで待つつもりか?」と挑発。
 対してオートンは、「俺は大物レスラーになった。カネの取れるPPV以外で試合はしたくない。だから、ノー・ウェイ・アウトでやろう」と申し出ます。
「それがいやなら、レッスルマニアまで待て」
「ノー・ウェイ・アウトで決まりだ。だが今夜はどうする? おまえは俺からファンを奪った。ファンの罵声を聞くことができなかったのもおまえのせいだ。おまえは俺から『真実』を奪った。俺は今夜、それを取りに行くぜ」
 ひさしぶりの『見えっこねえ!』サインをし、ニヤリと笑います。

アシュリー&ミッキー・ジェームスvsベス・フェニックス&ジリアン
 ベスの圧勝でした。

デモ:会長とリーガル(ロビー)
 シナも復活したし、祭典のシナの相手をどうするか、と悩む会長。
 リーガルは、
「野蛮で古臭い試合は会長もお好きでしょう」
 と、なにかを提案しました。

デモ:リーガルGM、試合形式を発表(リング)
 ウマガ、ショーン・マイケルズ、クリス・ジェリコ、JBL、ジェフ・ハーディ、HHHの六人が、チェンバー戦でシナの対戦権を争うことになりました。

カリートw/サンティーノ・マレラw/マリアvsコーディ・ローデスw/ハードコア・ホーリー
 カリート入場時、マリアがいつもの、両手に息を吹きかけるポーズをやっているのがとぼけていて印象的です。かわいいなあマリア。
 マレラがコーディに声をかけ、気を引いている間に、カリートがバック・スタバーを決め勝利。

デモ:HHHとショーン・マイケルズ(控室)
 タッグ戦を行うことになったHHHですが、タッグパートナーが見つかっていません。
 HHHはHBKに、「ノー・ウェイ・アウトでは対立することになるが、試合は三週間後だ。俺には相棒が必要なんだ」と持ちかけます。
 HBKが快諾すると、HHHは、「もう着替えてあるんだ」と上着を脱ぎます。下に着ていたのはDXのTシャツ! HBKは、「俺も着替えてくる」と、いそいそと着替えに去りました。

DXvsウマガ&スニツキー
 DXは登場後、PPVで著作権を侵害した男マイケル・バッファーに対し、「パクリ野郎」と罵ります。PPV見てないと、なにがなんだかさっぱりです。
 スニツキーにペディグリーを決め、順当に勝利しました。

デモ:オートンとJBL(控室)
 JBLは、オートンを倒し王者となるのはこの俺だ、と宣告。
「まずは勝ち上がってきてからだ」
「ウォール街をジェリコのように引きずりまわしてやる」
 そのあと、今夜の試合について相談し始めます。シナがやってきたら、協力して倒そう、と。

トッドインタビュー:ジェフ・ハーディ
 チェンバー戦への意気込みを語りました。

デモ:マクマホン会長とホーンスワグル(ロビー)
 ホーニーは「かわいい」と評判だったようですね。しかし、負けて帰ってきたことに対し、会長は不満なよう。「負け犬め」と何度も罵ります。「顔も見たくない!」

WWE VAULT(may 2004):HHHvsシェルトン・ベンジャミン
 HHHのせいで王座を逃したショーン・マイケルズが乱入、試合をぶち壊しました。
 そこにエリック・ビショフが登場、HBKを停職処分にする、と勧告。
 HBKは警告を無視し、場外へ逃げたHHHを追いますが、HHHは会場から去り、HBKは警備員に取り押さえられてしまいます。

ミスター・ケネディvsブライアン・ケンドリック
 ケネディは、ケンドリックに先制攻撃を決め、難なくあしらいました。
 マイクパフォーマンスで、「リーガルGMにチェンバー戦に加わらないことを頼んだ」と告白。フレアーと戦うつもりらしいです。フレアーを葬り去ってやる、と。
 そこにフレアーが登場、「おまえにふたつほど言いたいことがある」と言います。
 ひとつは、「幸運を祈る」、もうひとつは「ウー!」です。

メリーナvsマリアw/サンティーノ・マレラ
 マリアに取り押さえられている最中、メリーナがタイツをつかみパンツがあらわになります。
 マリアが勝利すると、マレラはあわててリングに上がり、上着でマリアのパンツを隠しました。
「(パンツ露出に対し)日本のハイビジョン技術に抗議する! 絶対にプレイボーイ誌には出さないぞ!」

トッドインタビュー:クリス・ジェリコ
 ジェリコは生まれ変わった、もう昔のジェリコには二度と戻らない。
「お楽しみの相手はJBLだ。チェンバー戦でもな。
 そして3月30日には一緒にフロリダに行く。JBLはディズニーワールドに、俺はレッスルマニアにだ」

マイク・アダムル客席実況
 チェンバー戦がどうとかいろいろ解説してくれました。

ランディ・オートン&JBLvsジェフ・ハーディ&クリス・ジェリコ
 ジェリコがオートンを追い詰め、ジェフがスワントーンを決めますが、JBLがオートンをロープまで引っ張り救います。
 その後もオートンとJBLの協力体制は続きます。JBLは二度ほどウォール・オブ・ジェリコをかけられそうになりますが、オートンの介入で救われます。二回目の時はそのままRKO! JBLはジェリコをピンフォールしました。
 直後、シナが乱入。JBLはオートンを残し引き上げてしまいます。仕方なくひとりで迎撃しようとしますが、オートンはFUを決められてしまいました。
スポンサーサイト
[2008/03/16 14:59] | WWE |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。