プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
SMACKDOWN:ノー・ウェイ・アウト第2週
デモ:バティスタの抱負(リング)
 マイケル・アダムルがインタビューします。
 バティスタは、このメンバーの中でチェンバー戦の経験があるのは俺だけだ、俺が勝つ、と意気込みを示しました。
 そこにMVPが登場、「俺は野獣だ」と口先だけの虚勢を張っている、と命知らずな挑発。バティスタは「フレアーの分も叩きつぶす!」と激昂します。
 さらにビッグ・ダディ・Vが登場、体重では一番だとストライカー先生が解説。
 カリも登場、加えてフィンレーがホーンスワグルを従え登場(テーマ曲はフィンレーのものでした)。
 最後にアンダーテイカーが現れ、睨み合いとなりました。

ケインvsシェルトン・ベンジャミン
 ケインがベンジャミンをアッパーカットし、リング内へ入れてしまいます。ちょうどその時カウントアウト、ケインが敗北!

チャック・パランボvsジェイミー・ノーブルw/ミシェル・マクール
 トップロープからジャンプしたノーブルを、パランボがバイクに当てます。
 そのあと、ノーブルをピンフォールし、ミシェルがいくら懇願しようとボコボコにします。
 パランボの顔には、狂気の笑みが浮かびます……。

デモ:中国公演の模様

ジェシー&フェスタスvsデュース&ドミノw/チェリー

カッティングエッジ(ゲスト:ヴィッキー・ゲレロ)
 エッジは、「WWEの先駆者」で「魂の伴侶」である女性、ヴィッキーをゲストに招きます。
 ヴィッキー入場時、湧き起こるのはエディコール。
 来週のバレンタインデーで、エッジはヴィッキーに言いたいことがある、と真剣な顔で告げます。
 だが、それは来週の話だ。今日は、謝罪を受ける場だ、と言います。
 エッジはミステリオを呼び、謝罪を要求します。ミステリオがなにか言おうとすると、ヴィッキーは2回連続で平手打ちをしました。
 3回目の平手打ちをミステリオがガードすると、今度はエッジが襲いかかります。エッジはしまいに椅子まで持ち出しますが、ミステリオは椅子ごとエッジにドロップキック、619を決めました!
 勝ち誇るミステリオを怒りの形相で睨むヴィッキー。ミステリオは去り際、「すまなかった」と素直に謝ります。

デモ:エッジへのインタビュー(廊下)
 エッジに、ヴィッキーへプロポーズするのか? という質問に、「なんだって? 何様のつもりだ。俺やヴィッキーGMのプライベートに首を突っ込むな。どんな質問か知りたければ、他の奴らと同じく来週まで待て」と傲慢さを発揮。

エッジヘッズvsライノ・シャッフル(ジミー・ワン・ヤン&シャノン・ムーア)
 エッジヘッズがまさかの連勝!

バティスタ&フィンレー&ジ・アンダーテイカー
vsザ・グレート・カリ&ビッグ・ダディ・V&MVP

 ホーンスワグル、ランジン・シン、マット・ストライカーがついてます。

 バティスタがビッグ・ダディ・Vにスピアー、さらにアンダーテイカーがMVPにチョークスラム。レフェリーが試合中止を宣言します。
 リング上に残ったフィンレーは油断なく棍棒を構えアンダーテイカーの背後を狙いますが、気づかれ、さらにバティスタもリングに上がり、三者睨み合いの態勢に入りました。
スポンサーサイト
[2008/03/23 16:25] | WWE |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。