プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
フレッシュプリキュア!#31「ラブと大輔 仲直りのしかた!」
フレッシュプリキュア!あらすじまとめ
 「ラブと大輔 仲直りのしかた!」更新

 やー、せつながかわいい! かわいい! かわいいよー!

 プリキュアレジェンドの中で、ブッキーだけが「私、信じてる!」といううさんくさい決めゼリフを使います。もう、本当にうさんくさい。
 これは、他のレジェンドどもが「幸せゲットだよ!」「私、完璧!」「精一杯がんばるわ!」と能動的なのに対し、ブッキーのみが他人任せの受動的なものだからでしょう。

 うさんくさいといえばCMパンク。まったくのベビー時から、わざとらしく「ベビーですよ」というアピールをしており、ヒールターンしてもまったく違和感がありません。

 ここで提唱したいのが、「ブッキー=CMパンク」説。

「俺はいままでおまえたちを信じていた。だが、おまえたちが信じるのは、欲望に身を任せていたラビリンス出身の小娘だ。なぜか? それはおまえたちがあのパッションと同様、自分を信じられないからだ。俺はおまえら弱い人間と違って、自分を信じている」
「プリキュアユニバースのファンはみんな、おまえのごたくにはうんざりなんだよ! 俺は精一杯がんばってるが、おまえはどうだ? ただ自分を信じ、ファンのよろこぶことなんざ考えもしてないじゃないか」

 ブッキーのヒールターンも近いですね。
スポンサーサイト
[2009/09/09 17:52] | フレッシュプリキュア |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。