プロフィール

桐原ナツキ

Author:桐原ナツキ
 シナリオライターやってます。

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Good luck, and happy hacking!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
相棒 劇場版Ⅱ
 昨年の封切り初回で観た『相棒 劇場版Ⅱ』。
 twitterでもさんざん触れましたが、結論から言うと、「『相棒』という作品の『ファン』には不向き」な映画です。
 この『ファン』という言葉は、例えば「右京かっこいい!」というような感情だけで観るような人のことです。今作はもう、テレビシリーズよりも地味に、淡々と、執拗に、杉下右京が犯人を追い詰めていくため、爽快感には欠けるものとなっています。
 逆に、「『相棒』を『作品』として観ている」よく調教された特命係の暇人どもにとっては、たまらない映画となっております。

 キャスティングもなかなか象徴的です。前作『劇場版Ⅰ』は、映画化でよっぽどはしゃいだのか、西田敏行を初めとして全員主役級の顔ぶれでしたが、今作は「名前は知らないけど、どこかで見たことのある」味のある脇役ぞろいでした。それがまたたまらないのです。

 新しい相棒である神戸尊も、そこまでキャラが立っていませんが、むしろ「キャラが立っていない」ことを逆利用した立ちまわりになっているようにも思えます。

 さて、なぜ今頃劇場版Ⅱのことを書いているのかというと、昨日、シーズン9の劇場版直前エピソード(宇津井健が出る話ね)を見たからです。
 確かに○○は××だし、でも陣川エピソードのあとと考えるとおかしいし……あきらかに矛盾しています。

 と、ここで発想の転換。このシーズン9の直前エピソードと劇場版Ⅱは両方、シーズン9のプレエピソードになるのではないでしょうか? そう考えればつじつまが合います。
 劇場版Ⅱ封切りの日を考えると、そうせざるを得なかったのでしょう。

 ……陣川エピソードを第3話に挟まなければ問題なかったんじゃないか?
スポンサーサイト
[2011/01/08 19:51] | 映画 |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。